経済はおもしろいもので、お金をつかえばつかうほどに経済活動が拡大し活発化します。世の中にお金がまわることで、多くの人々が豊かになれるのです。経済全体のパイが大きくなっていき、皆に喜んでもらうことで、「ありがとう」とお金が殖えて戻ってきます。それが経済活動における報酬です。

企業のビジネスも長期投資も基本は同じです。とりわけ長期投資は世の中にお金をまわしてやり、皆が幸せで心やさしく暮していける社会を築いていこうとします。
さわかみグループでは、日本における本格的な長期投資のパイオニア「さわかみファンド」を運営するさわかみ投信をはじめとして、いくつかの企業活動を展開しています。
グループ企業は、いずれも長期投資の精神を実践に移すべく生まれました。それぞれが伸びやかで活力にあふれるビジネスを展開して、日本経済を元気一杯にしていこうと、持てるエネルギーをフル回転させています。
われわれ、さわかみグループの社員はもともと、「より良い社会をつくっていこうよ」「より良い世の中を子どもたちや孫たちに残してやろう」の思いで集まった、心熱い人間の集団です。人間だれしも自分や家族の幸せを第一に願いますが、それも世の中あってこそです。

ここに、まったく新しい価値観が生まれます。すなわち、さわかみグループは「より良い社会をつくっていく」方向で、積極果敢かつ堂々とビジネスを拡大していきます。そして、そこからいただく報酬つまり利益を、再び「より良い世の中づくり」にまわさせてもらうのです。
この循環を高めていくことで、経済や社会をいくらでも活力にあふれつつ、しっとりとしたものにしていけるはずです。そこで登場してくるのが、さわかみ一般財団法人です。
さわかみグループの企業が、世の中に良かれと願ってビジネス活動に励んで得られる利益を、世の中にどんどんまわさせてもらおうではないか。どうせなら、公益性が高く社会的にも意義と価値のある、カッコ好いお金のつかい方をしたいもの。

その大事な役割を果たすべく、さわかみ一般財団法人が生まれました。さわかみ財団の理事や職員は、世の中にどのようなお金のつかい方ができるのか、よほどしっかり勉強していかなければなりません。その美意識や品格そして目線の高さ、これも「より良い世の中づくり」への挑戦です。
もちろん、グループ社員の思いや夢を代弁するだけの見識と使命感も問われます。皆の熱い思いの結晶を、世の中のためにつかわせてもらうのですから。
さて、世の中にお金をまわさせてもらうといっても、やりたいことは無限に広がります。お金はいくらあっても足りません。
さわかみ一般財団法人では、当面のところ6つの活動分野に絞り込んで、カッコ好いお金のつかい方を世に問うていこうとしています。

代表理事 澤上篤人

6つの活動分野については、各項目を参照ください。