みんなのサマーセミナーin尼崎で経済ゲーム

8月6日、みんなのサマーセミナーin尼崎で経済ゲームを実施しました。
参加者は、1時間目/大人6人、 2時間目/小学生2人、中高生3人、大人7人計12人、合計18人。

尼崎のサマーセミナーは、「まちの人がセンセイになり、生徒にもなる、学校ごっこを楽しむ」イベントです。
今年は、3回目で350講座5,300人が参加され、尼崎市のイベントとしても年々成長しています。
このイベントの主役は、講座じゃなくて、「人」と「地域」!!
尼崎に惹かれ、人が好きで、面白いことはみんなで楽しむ。年齢、住んでいる地域も関係なく、「人」が発信する学びが面白く、皆さん集まってきます。

今回は、経済ゲームを同じルールで2回行い、「視点を変えて行うことで、どんな経済ができるか?」という変化を観察する経済実験を準備して伺いました。

1時間目は、中々集まらなく困っていると、サマーセミナーの実行委員やスタッフの6人の方が参加、
2時間目は、一部入れ替わり、声掛けしていただいたおかげで、新たに10人加わり定員の12人が参加してくださいました。
皆さん、様々な分野で活躍されている多様な人達で、色々な年齢の人が一緒にゲームを行いました。

当初は、1・2時間目連続する授業として展開する予定でしたが、それぞれ単体の授業に変更して、実施。
連続で参加してくださっている方が、率先してチームの人たちに教えてくださり、スムーズに進みました。
1時間目も2時間目も、大盛り上がりで、大人も子どもも、真剣に楽しんでいただき、私も一緒に楽しみました。
その後、お子さんを通して、親御さんと繋がったりと、人と人との繋がりを感じた時間となりました。

愛知から心強い応援人が駆けつけくださったり、昨年からずっとお世話になっている実行委員の方も参加してくださったりと、応援してくださる人の存在も、前に進む原動力になっています。
後片付けも、全部皆さんに手伝っていただき、この活動は、多くの人の支えがあってできていると実感しました。皆さま、本当にありがとうございました!

終った後、「面白かったわー。」と声をかけてくださったり、
後日、親子で参加してくださった方から、「終った後も子どもが楽しかったと言っています。」というメッセージをいただき、皆さんの温かい気持ちが嬉しく思いました。
ゲーム中、チームの方が、フォローしたり、教え合いしたり、盛り上げてくれたから楽しい時間となったんだなと、数日たって気が付きました。
今回も、沢山の改良点と学びを得ることができました。

自分と相手、双方がいて初めて成り立つ。互いの強みを活かす。
経済ゲームの振り返りで言っていることが、そのまま尼崎のサマーセミナーで行われていました。
「人」が主役の尼崎のサマーセミナーで、誰でもその主役になれます。

小さな活動の積み重ねですが、この活動が、人がつくる街づくりの場面でも、何かのお役に立てるのかもしれない、そんな可能性を感じました。
Close