修繕風景

10月28日(水)に2015年度、2回目の道普請を行いました。今回のエリアは、前々回と同じ熊野参詣道中辺路(水呑王子⇔伏拝王子)。
財団メンバー、グループ社員、協力スタッフ全7名が参加。
また、地元の和歌山県立新翔高校の生徒さん18名が、世界遺産学習に伴い、約1時間、道普請に合流。
3tの土の運び入れを行い、雨で流れ荒れていた熊野古道の路面を修復しました。
当日は天候にも恵まれ、地元の若者たちとも、ひとときではありましたが、触れ合うことができ、充実した活動となりました。
Close