鐘撞堂山 遊歩道 ~円良田湖 200m-300m

周囲約4kmの人造湖である円良田湖の一般駐車場から徒歩3分、円良田湖を背にし坂を登るコース。その遊歩道は、森林整備予定地100㌶の中を通り抜けていくイメージです。

1ha=10,000㎡≒3,030坪
100ha≒東京ドーム21個分

この度の寄居町と当財団との森林協定では、円良田湖畔の登り口を0m地点とすると、緩やかな沢沿いを登り150m~600m区間、またその区間遊歩道の両側に奥行100mの整備地(約9ha)を整備します。
整備概要としては、立木の生長や植栽密度の算出から、まさに「飽和」状態であった。また土が薄く樹木の根が見える状態なので、根こそぎ崩れるリスクが高い。倒木の恐れがあるもの含め、伐採を早急に行う必要がある。大雨、強風がないことを祈る。

200m-300m 区間の特色

・遊歩道の登り口から続くが、日中から暗い森林内。
・スギの人工林帯。
・植栽密度の飽和から倒木・立ち枯れが見られる。
・林床に植物が育っていない。所々土壌流出が見られる。
Close