研修報告 2014年1月

報告(1)
ホワイトバイオ、レッドバイオ、グリーンバイオとも違う微細藻類の応用があります。それは環境バイオという機能です。実は除染作業にも応用されようとしているのです。(写真1は理化学研究所 理研ニュース7月号(2012年)より引用) 

アメリカのスリーマイル島での原発事故の7年後に、事故処理のために原子炉内を調査したところ、藻が多量に繁殖していて、これを根絶するのに1年近くを要したらしいのです。放射線量が非常に高い箇所で他の生物が生存できないにも関わらず、約40億年前から進化してきた藻なればこそ逞しく増殖できたらしいのです。

最近の研究で放射性物質のセシウム、ストロンチウム、ヨウ素を高効率で吸収する藻の種類が明らかにされています。これを大量培養して放射性物質を吸収させようというのが写真で紹介した開発のコンセプトなのです。

現在、放射性物質の除去にはゼオライトという鉱物が良く使われますが、放射性物質を吸着したゼオライトをどう処理するかが課題になっています。それに対して、藻類は乾燥させると体積が大幅に減るため、処理も比較的容易になります。要は貯蔵庫がずっと小さくて済むのです。また、太陽光を使用するのでエネルギーコストも安くなります。藻自体の繁殖力が旺盛であること、またレンズ技術は日本のお家芸であることから、装置自体はシンプルで安く仕上げることができるらしいです。

広域な範囲におよぶ除染作業、廃炉が避けられない原子炉など毎日なにがしかの汚染水は発生しています。「除染」という言葉がおかしいのですが、たとえその場から放射性物質を除去できても、洗った水は汚染されているのです。だれかがどこかで回収して貯蔵しないと本質的な解決にはなりません。あまりに大変な作業で想像がつかないのですが、今後数10年間、この水処理コストは国家予算の中で考えておくべきものではないでしょうか?

もちろん藻だけで汚染水処理が完結するわけではありません。だいたい90%の除去が可能だろうと見込まれています。この部分に太陽エネルギーを利用できることが大きいのです。残り10%(自然放流レベルまで)の仕上げは電力や薬品等のコストを十分かけて丁寧に行うべきです。コスト最適なエンジニアリングは日本の水処理会社に任せれば良いと思います。放射能を吸収した藻(低レベル放射性廃棄物)の扱いが速く法制化されればよいのですが、、、、。


報告(2)
微細藻類の培養の効率性を上げるために様々なリアクター(培養槽)が開発されています。「微生物の培養」というと従来の微生物工学では通常は培養タンクが使われてきました。密閉した培養タンクに微生物を高密度で飼育して、餌や栄養分を与えて微生物の体内(あるいは分泌物)に有用物質を生産させて、これを抽出して製品化するという方法です。分かりやすく表現すれば、各家庭で市販のカスピ海ヨーグルトを種菌に使って、牛乳パックでヨーグルトを作るのも立派な微生物工学と言えます。

さて、レッドバイオの分野の話ですが、オメガ-3という油脂が注目されています。DHA、EPA、ALAと呼ばれる油脂で主に魚の油から生産されています。しばらく前までは日本では「頭が良くなる!」と言われて注目されていました。欧州においては、年率24%以上で生産量が伸びており、市場は1,600億円規模にものぼるとのこと。実はこのオメガ-3を積極的に生産する藻類がいるらしいのです。食物連鎖の結果、魚類の油脂に蓄積されるというのも面白い話です。

魚類からのオメガ-3の回収については、欧州ではある課題が持ち上がっているようです。それは魚類資源の枯渇につながるのではないかという点。もう一点が、海水の汚染による水銀などの重金属が魚油に濃縮されてしまうという問題です。そこで、魚類からではなく微細藻類からオメガ-3を生産しようという開発が活発化しているのです。

写真3、4はオーストリアのあるベンチャー企業の非常に面白いリアクターです(写真はecoduna社HPより引用)。「ハンギングガーデン(吊り下げた庭)」と呼ばれる全く新しいコンセプトのリアクターです。6mの薄板の中をCO2の泡を上昇させることで藻に効率良く光合成を行わせるのです。薄板は太陽光を最大限利用できるようにその向きを自動制御できるようになっています。

今までの培養タンクの常識にとらわれない装置の開発によって、水産国でもなく、気温も低く、それほど日照時間も長くないオーストリアからオメガ-3生産の事業化が始まりつつあることが非常に面白い点だと思います。オランダをはじめ欧州は施設園芸の技術力は高いものがあります。農業と工業の融合した新しい分野の事業化が世界で始まっています。微細藻類の培養は過去の常識に囚われない発想が求められています。

半年間に渡って、藻事業の現状と将来性について報告しました。特にホワイトバイオの分野では、日本での産業化があと一歩です。当財団は自然エネルギーの可能性の重要なひとつとして、今後も見守って参ります。

Close